使用方法・施工手順
注意事項
1. リアルガード塗布後、仕上げ塗装を行う場合はBタイプ、水周り等のカビ対策にはαタイプ、木材にはWタイプをご使用下さい。
2. 金属・ガラス・樹脂・プラスチック等水が浸透出来ないような素材には使用できません。(水が浸透する素材でも使用できない場合があります。)
3. 気温が0℃以下の場合は、施工しないで下さい。
4. 雨天時の施工はしないで下さい。
5  使用後は容器を確実に密栓し室内保管して下さい。
使用方法・施工手順
施工前
施工前
・施工対象:アメリカ砂岩
・使用タイプ:リアルガードA
洗浄作業
洗浄作業(1)洗浄作業(2)
・埃、汚れ、エフロレッセンス、レイタンス等はケレン及び高圧洗浄で取り除いて下さい。
・油脂類はシンナー等で除去して下さい。
・構造物に許容できない損傷がある場合は、適切な補修をして下さい。
・表面が濡れている場合は送風機、ヒーター等で乾燥して下さい。
養生
養生
・施工面以外はマスキング等で養生して下さい。誤って付着した場合はウエスで拭き取って下さい。
・窓ガラスやアルミサッシには必ず養生をして下さい。
塗布
塗布(1)塗布(2)
・ローラー・刷毛等を用いて下地上面よりすり込むように塗布して下さい。
・標準塗装回数は2回ですが、下地への浸透が止まるまで塗り込む
 (構造物の経年変化が進んでいる程使用量が増えます。)
・2回目の塗布は2〜3時間を目安に塗布して下さい。
塗布完了
塗布完了(1)塗布完了(2)
・浸透が止まり表面に残ったリアルガード液は、水で湿らせたウエスで拭取って下さい。乾燥したウエスでは液吸い取る危険性があります。
乾燥後
乾燥後(1)乾燥後(2)
・撥水効果はAタイプで早くて1日後、Bタイプで7〜8日かかります。
撥水状況の確認
撥水状況の確認(1)撥水状況の確認(2)