公的機関試験結果
試験項目 試験機関 試験条件 無処理 リアルガードA処理
溶出分析試験 鞄興ジオテック
報告書第1号
平成14年5月18日
水道水に含漬   溶出無し
凍結融解試験
塩化ナトリウム溶液使用
(CDF試験)
北方建築総合研究所
北総研第14−24号
平成15年2月13日
8サイクル
14サイクル
28サイクル
スケーリング量 590.8g/u
(平均値)   896.9g/u
       1574.0g/u 
133.3g/u(4.43倍)
210.7g/u(4.25倍)
597.8g/u(2.63倍)
凍結融解試験
A法(水中凍結水中融解法)
(JIS A 1148-2001)
北方建築総合研究所
北総研第14−40号
平成15年3月31日
95サイクル
124サイクル
300サイクル
表面の骨材が取れ始めている
コーナーから崩れ始めた
端や角の大部分に激しい崩れあり
殆ど異常が見られない
コーナーから少しづつ崩れ始めた
端や角の大部分に激しい崩れあり
中性化試験 北方建築総合研究所
北総研第14−21号
平成15年8月5日
CO2濃度5%
フェノールフタレイン測定
1週  6.5o
26週 25.3o
1週 5.2o
中性深さ変化無し
26週 27.0o
乾燥収縮試験 北方建築総合研究所
北総研第14−22号
平成15年8月5日
27週恒温恒湿 重量変化率(%) −3.3
長さ変化(10-4) −6.3
重量変化率(%) −3.2
重量・長さ変化無し
長さ変化(10-4) −6.3
吸水試験 北方建築総合研究所
北総研第14−23号
平成15年8月5日
45日間浸漬 1日(24H) 4.1%
2日(48H) 4.7%
45日後 5.7%
1日(24H) 0.4%(10.25倍)
2日(48H) 0.6%(7.83倍)
45日後   3.9%(1.45倍)
遮遠性試験
塩素透過量
(防塩性試験)
日本道路公団研究所
保全研究所
平成14年11月
3%食塩水
20℃ 60日
日本道路公団の規格
塩素イオン透過量
5.0×10-3mg/cu・day以下
標準養生後
0.197×10-3mg/cu・day
標準養生+SWOM2000時間後
0.959×10-3mg/cu・day
※水の接触角 90〜110℃